バスの時刻を調べる

バスルートで、利用するバス路線の見当をつけたら、バスの時刻を調べます。

山に向かうバスは、季節限定であったり、土日だけの運行、1日1、2本だけの運行などがありますので、時刻を調べる必要があります。また、バスルートの元になっているデータは、平成22〜23年度のもので、それ以降に廃止になった路線も含まれている可能性があります。必ずバス事業者のサイトで時刻を調べ、運行されていることを確認してください。

バス停をクリックすると、バス会社や市町村の名前が青字で表示されます。

大菩薩登山口 愛鷹登山口
コミュニティバスの場合 民間バスの場合

※国土地理院の地形図を掲載しています。

を押すと、その事業者のサイトに飛びます。
そのサイトでバスの時刻を確認してください。大体、以下のパターンになると思います。

バス停検索が用意されている場合

一部のバス会社では、バス停名で検索ができます。これが一番、簡単に時間を調べられます。
例えば、次のような感じになっています。

※神奈川中央交通の場合

行き先のバス停名を入力して、検索すると、そのバス停を通るバス系統の一覧が出ます。そこで、自分が使いたい系統をクリックすれば、時刻表や運賃が表示されます。

また、以下のように、出発バス停と到着バス停の両方を入力する必要のあるサイトもあります。こちらの方が一般的だと思います。

※西東京バスの場合

その場合は、バスルートでバスの運行ルートを表示して、そのバスの行き先(駅名)のバス停名を確認して、そのバス停名も入力するようにします。

HTMLやPDFなどで時刻表が用意されている場合

市町村が運行しているバスや一般的なバス会社では、バスの時刻表が、HTMLやPDFの形式で、サイト上で公開されています。これが一番多いパターンです。

※甲州市の場合

この場合、バスの路線別に時刻表が用意されています。バスルートで表示された系統名や、行き先のバス停名、起点となる駅名などを頼りに、バス路線を探します。

あとは、そのリンクをクリックすれば、時刻表が表示されます。

バス事業者のサイトがない場合

バス事業者のサイトが用意されていないことがあります。

バスルートでは、約1600の事業者(バス会社、市町村)のデータを扱っていますが、そのうち、サイトが無さそうな事業者が数10ほどあります。そのような場合、リンクをクリックすると、WikipediaやMapionに飛んでしまいます。

Wikipediaの画面が表示された場合は、一番下の「外部リンク」を確認してください。自治体から委託されている民間事業者の場合、自治体のサイトへのリンクがある場合があり、そちらにバスの時刻が載っていることがあります。

見つからない場合は、検索サイトでバス停名などで探します。それでも、見つからない場合は、事業者名で検索して、電話番号を調べ、電話で問い合わせます。

Mapionの画面が表示された場合は、サイトがない可能性が高いですが、検索サイトで「バス停名 駅名 バス」と入力するなどして、探してみてください。

それでも見つからない場合は、Mapionの画面に電話番号が表示されていますので、そこに電話で問い合わせるようにします。

バス乗り換え検索を使う

NAVITIMEや、Yahoo!路線情報、ジョルダンの路線バス時刻表などを利用して、バスの時刻を検索するのも有効です。

ただし、いずれも検索できないバス路線があります。ジョルダンの場合、約500社の時刻表データをサポートしている(2015年1月時点)ようですが、実際は、その3倍以上の事業者が存在します。

また、台風で道路が不通になり、バスが運休するといった最新情報を確認することも含めて、そのバスを運行しているバス会社や自治体のサイトで確認するのがよいと思います。

電車の乗り換え検索を使う

電車の乗り換えを調べやすくするため、Yahoo!路線情報に飛べるようにしています。
駅を選択すると、情報ウィンドウの右上にのボタンが表示されますので、それをクリックして下さい。すると、出発駅として、その駅が入力された状態で、Yahooの乗換案内サイトが表示されます。もし、その駅を到着駅にしたければ、Yahooのサイトで、出発駅と到着駅の入れ替えボタンを押してください。

後は、自宅の最寄駅などを入力して、検索すれば、その駅までの乗り換え情報が表示されます。